数量:
この商品を携帯やスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。
商品コード:
JPSB-B2-2-50

JPSB-B2-2-50 同軸ケーブル用サージプロテクタ

特価(税込): 22,680
各種サージより機器を保護するサージプロテクタです。
JPSB-B2-2-50 はアナログカメラの映像配線などで使用することができます。
従来とは全く異なるサージ吸収方式を採用しており接地をしなくても効果を発揮します。
これまでアース工事が出来ずサージから保護できなかった機器を保護することができるようになります。
関連カテゴリ:
サージプロテクタ
JPSB-B2-2-50 特長

●接地工事が不要
従来のサージプロテクタでは必ず必要であった接地作業ですが本製品はサージのエネルギーを吸収し、分散放出させるという新方式を採用しており接地作業を行わず機器を保護することができます。

●各種サージからアナログカメラなどを保護
アナログカメラ映像配線で接続されている機器を誘導雷(LFS)、電源スイッチングによるサージ(PSS)、突入電流(SIC)、電磁パルス(EMP)から保護します。

●電源重畳、RF伝送対応
通常のアナログカメラ以外に電源重畳カメラ/ユニット、RF伝送に対応しております。
また、弊社製品「10/100BASE-T 同軸ケーブルIP長距離伝送器 IP02」及び「イーサネット・電源重畳伝送装置 VDL4000」で使用することができます。

●高い保護能力
誘導雷を想定した電圧波形1.2/50μs、電流波形8/20μsでそれぞれ6kV/3kAの試験に合格。
「JIS C5381-21」相当のIEC規格「IEC 61643-21」に対応。
(通信及び信号回路に接続するサージ保護デバイス カテゴリC2相当)
「JIS C1000-4-4」相当のIEC規格「IEC 61000-4-4」に対応。

接続例

JPSB-B2-2-50 同軸ケーブル用サージプロテクタ

JPSB-B2-2-50 同軸ケーブル用サージプロテクタ

JPSB-B2-2-50 仕様

最大負荷電流 2.0A以下
最大連続使用電圧 DC50V
通過周波数 100MHz以上
入力インピーダンス インピーダンス:10MΩ以上
サージ処理方法 SEAT (Surge Energy Absord Transfer:サージのエネルギーを吸収し分散放出する方式)
対象サージ 誘導雷(LFS)、電源スイッチングによるサージ(PSS)、突入電流(SIC)、電磁パルス(EMP)
挿入損失 0.5dB以下
公称放電電流 3kA
インパルス耐性 コンビネーション波形 1.2/50μs:6kV 8/20μs:3kA (非接地環境)
EMPイミュニティ試験/吸収率 91%±2%以上 3kV 5×50ns波形 (非接地環境)
電圧防護レベル 300V以下 (6kV/3kA)
接地抵抗要求仕様 無し
保護対象 内部導体-外部導体
動作環境 温度:−40∼85℃ 湿度:35∼95%(結露不可)
外形寸法 25(W)×25(H)×78(D)mm
質量 約50g±5%
対応規格※ ANSI C62.41 、ANSI C37.90、IEC 61643-21、IEC 61000-4-4、IEC 61000-4-5
接続端子 BNCオス(OUT側)、BNCメス(IN側)
※サージ混入の可能性がある伝送ケーブルを「IN」側に、保護対象の機器を「OUT」側に接続してください。方向が異なると正常に動作しません。
※電源重畳対応のためDC50Vまでの電圧は通過します。誘導・短絡等による低い電圧は防ぐことができませんのでご注意ください。
※サージプロテクタのBNC端子に負荷がかからないよう接続するケーブルしっかりと固定してください。
※記載IEC規格に該当するJIS規格は次の通りです。
・IEC 61643-21 :JIS C5381-21 通信及び信号回線に接続するサージ防護デバイスの所要性能及び試験方法
・IEC 61000-4-4:JIS C1000-4-4 電気的ファストトランジェント/バーストイミュニティ試験
・IEC 61000-4-5:JIS C1000-4-5 サージイミュニティ試験

このページの先頭へ